2010年10月アーカイブ

コンサルの資格

| コメント(0) | トラックバック(0)

コンサルという資格は有るようで明確でない。

経営やマーケティングでいうと、
一般的には、MBAや中小企業診断士辺りが
該当するといえる。

しかし、こうした資格を取得しようとしまいと、
ビジネスパーソンとして、学んで置くべき要素が
ここには多々あることは間違いない。

まぁ、これは資格に限らず全ての事に言えるのだが、
スキルというのは、それを学ぶ人によって、いかようにも活用でき生かされる。
したがって、どのような資格、スキルを身につけると良いかということではなく、
その人自身の心構えによるところが実は大きいと言えるだろう。

これは、武道や格闘技もしかり。
空手、柔道、合気道・・・どれが強いのか?

・・・ではない。

実戦でいかに応用、対応できるかである。
これはすなわち、個人に依存する。

ただ、MBA系のコンサルなどによく見られるのは、
中小企業などへの戦略支援は余り得意ではないようだ。
非常に実践戦略に乏しい傾向にある。
(失礼!勿論例外は多々ある。一般的にということ)

とはいえ、大企業の事業戦略策定やマネジメントに関しては
存分にそのスキルを発揮する。
これは、そういうものなんだろう。

そんな中、中小企業に優れた実践戦略を支援できるのが、
CTPTという体系であることをこの一年で痛感している。

この考え方は、多分にランチェスター戦略と一致する。
いや、根底はほぼ同一である。

言うなればランチェスター戦略は戦いの源流柔術である。
CTPTは、そこからスポーツ競技として発展した柔道と置き換えられる。

中小企業を再生させる戦略は、この2つが有効であることは間違いない。
理論主義者では対応不可能である。

これが現場における現実である。

5月から続いていた京都行脚もひと段落です。

気付けば半年間、毎月1?2回京都へ行っておりました。

今年は「龍馬伝」の影響もあり、特に京都が注目されていたので、
本当に暑く、そして熱い京都であったと思います。

終わってみると、結構面白い企画や完成度の高い企画があったのも事実です。。。

今回の京都は、何かこれから始まる・・・・そんな印象が残る研修でした。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20251.jpg%E7%94%BB%E5%83%8F%20254.jpg

講座自体は確かにこれで終了なのですが、この企画の続きを・・・
といった気持ちが強くありますので、是非受講した皆さんは、続きを実践し、
ご連絡下さいね。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20256.jpg

迷った時もご一報を!

みなさんの今後に期待しております!
%E7%94%BB%E5%83%8F%20249.jpg

東京のMP講座も2回目に突入。
KIF_0117.JPGKIF_0120.JPG
2回目になると、各自の方向性もほぼ見えてきます。

やることが明確な人。
何となくなく見えてきた人。
まだ見えない人。
・・・・etc
PA234683.JPG

いずれにせよ、ここで方向付けをしておかないと、中々次へは進めません。。。

しかし、私が最もこだわるところは「コンセプト」である。

これが明確でなければ前へ進んでもとりあえず・・・という具合になってしまう。

このとりあえずが曲者です。

CTPTマーケティングの凄いところは、コンセプトの部分が多少弱くても、
PTを上手く設計すると数字が動いていくことです。
ですので、ここを上手に組み立てた企画書は、一見形も整ってますので、
何となく企画自体も良い感じに見えてしまう。。。

とは言え、自分はこれを良しとは思いません。。。

我々が、創る企画は何か?

『売れる仕組み・売れ続ける仕組み』です。

したがって、小手先だけの企画や体裁だけ整った企画書では有りません。

そこをしっかり理解し、実践してもらいたいのが、こちらの意図するところです。

そのためにも、コンセプトは明確にしてもらいたい。

コンセプトとは、単なる商品・サービスでは有りません。

そこに、独自性・優位性・差別化といった要素がなければ市場では勝てません。

他人が聞いて、その価値の意味が理解でき、イメージできる。

これが重要です。

また、ここに「理念」や「信念」そして「想い」といったものが付加されます。

これがない企業や企画は、一時上手くいってもやがて市場からの撤退を余儀なくされるでしょう。

何をしたいのか?
何が出来るのか?

「志」「理念」をしっかり掲げてもらいたい。

「理念こそ最強の差別化である。」

今一度ここをしっかり訴えたいと思います。

KIF_0122.JPGKIF_0173.JPG

朝4時半おきで福岡に向かい、10時半から研修がスタート。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20253a.JPG
講座の3回目となるが、皆それなりにまとまってきている。
ただ、自分のコミュニケーション不足もあるが、ちょっと内容に物足りなさも感じる。

というのは、一見綺麗にまとまっているのだが、実は掘り下げる部分が甘かったり、
何となく、ここまで進んでしまったといった感が否めないものもあるからだ。

勿論、これは我々の突っ込みやコミュニケーションに問題があるからだ。

もっともっと厳しく、向き合うことも必要なのだろうか?

その辺りは、受講生個々によって変わってくるとは思うが、今後の課題といえるだろう。
%E7%94%BB%E5%83%8F%20255.jpg

5ヶ月に及ぶD社の研修が終了しました。
d2c%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88.JPG

今期は私が全て任して頂く形でスタートしましたが、
本当に良い形で、最終日を迎えることが出来ました。

皆、その取り組む姿勢が素晴らしく、
最後のプレゼンもそれぞれの思いがとてもよく伝わってきた。

受講生の共通した感想に、最初に自社の強み・弱みをキッチリ
ディスカッションし、課題意識を共有しスタートできたことが良かったとあった。

これが社内研修の醍醐味である。
まずは、潜在意識の中にあるそれぞれの課題感や問題意識を吐き出し、
それを共有化する。

このベクトル合わせをしないでスタートしては、正直チグハグしてしまう。

実は、入り口でこれをやることは、我々講師側にとっても重要なポイントとなる。
受講生が自社に対し、一体どんな意識を抱いているのか?
またそれは皆共通するものなのか?

これによって、その会社そのものが見えてくる。

そして、各部署・セクションを越えたディスカッションやプレゼンを毎回やることで、
違った視点や新たな課題が見えてくる。

部署単位ではなく、会社としての視点もここで養うことが可能となる。

受講生にとっては非常に良い機会になったのではないだろうか。
みんなの最後の笑顔がそれを語っていた様な気がする。

色々な意味で、今回の受講生には思い入れがあるが、
本当にみんなお疲れ様でした!
PA194540.JPG
またどこかで会いましょう。

コンファレンスの翌日は、区の町内対抗親子運動会!
毎年出ています。。。
%E8%A6%AA%E5%AD%90%E9%81%8B%E5%8B%95%E4%BC%9A%EF%BC%91.JPG

この時期、ひと月前から毎週末夕方、小学校のグランドに集合し、
綱引き(大人のみ)、ムカデ競争(大人のみ)、リレー(大人子供混合)、チア(これは子供達)
・・・といった具合で練習をします。

去年は、新型インフルの影響で、練習はしていたのですが、突然大会自体が中止。
というわけで今年は2年ぶりの開催となりました。。。

自分は、綱引きに3年連続エントリー。

これが結構奥深く、テクニックや基本姿勢があるんですね。

しっかりと練習してきたので、寄せ集めチームとは実力が違います。

予定通り、準決勝は圧勝!

しかし、決勝の相手はたいしたことないと思っていたのですが、
負けてしまいました・・・。

なぜ???

勝負中も引っ張られてる気がせず、負けた実感が有りませんでした。

これは悔しい!!

我々はまた来年のリベンジへ向け、再結束を誓いました。

終了後は、恒例の集会場での打ち上げ。

これは大人が楽しむ飲み会。

子供達もいるんですが・・・。

こういうとき、自分の役目は、もっぱら子供達の相手です。

少し、飲んだ後は、子供らと外へ出て鬼ごっこやら色々・・・。
もう真っ暗なんですけど。。。
大人は、自分だけ???

意外に子供達と遊ぶのは好きなのです。

しかし、こういう付き合いはいいですね?。
うちの町内は、近所の子供達の顔はみな大体知ってます。

そういう意味ではホント安心です。

まぁ、とにかく来年も頑張ろう!

今年10周年を迎えた、企画塾の年間最大イベントである
『増販増客コンファレンス2010』が、大盛況のうち無事終了しました。
%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E9%9B%B0%E5%9B%B2%E6%B0%97.JPG%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E9%9B%B0%E5%9B%B2%E6%B0%97%EF%BC%92.JPG

10周年という節目を迎え、今年より主旨やプログラムを若干変更し開催しましたが、
今の企画塾が提供するコンテンツとして、非常に充実したイベントとなりました。。。

プログラムとしては、地域活性化に貢献して頂いている、
各地域の増販情報センターのみな様のスピーチ。

「日本企画書検定協会」の発足発表。

その発起人である、高橋憲行塾長と忰田進一氏による対談。

そして、高橋塾長による「今後の10年を斬る!」と題した講演。

感謝状授与。

・・・といった流れでした。

私的には、「企画書検定協会」の発足のリリースは、非常にエキサイティングな
出来事なのですが、やはりこの“熱”は「企画」というフィールドでビジネスをしてきた
人間とそうでない方とでは、若干温度差が有ったようですね。。。
%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E5%90%8D%E5%92%8C%E7%94%B0.JPG

特に私のようなSP系の代理店プランナー出身者にとっては、
歴史的な出来事なのです・・・・。

この構想を思い浮かんだ時、真っ先にあったのが、発起人となった3者の誰か1人でも欠けたら、
この構想は無いものと覚悟し交渉にあたりました。

“企画書の神様”  「高橋憲行」
“企画書のカリスマ 「忰田進一」
“企画書の大家”  「富田眞司」

%E3%82%AB%E3%82%BB%E3%83%80%E6%B0%8F%E5%AF%BE%E8%AB%87.JPG

塾長と忰田氏が以前に接点があったことは伺っていました。
しかし、表舞台に立つことを好まないという忰田氏。
ここは塾長に直接交渉して頂くしかないと判断し、名を連ねて頂くことに成功。

そして、富田氏と塾長はこれまでに接点なし。
ここの橋渡しが出来るのは、自分しかおりません。

これは私が直接交渉・・・・。

当日はビデオメッセージとなってしまいましたが、このステージで
富田先生の映像が流れたことは、非常に意義深いものだったと思います。

また、塾長と忰田氏の対談も非常に興味深い内容で、勉強になりました。

企画書検定協会は、この3者が揃ったからこそ、発足できたといえます。
もし、1人でももれていたら発足はしませんでした。

しかし、今現実として3名が揃い踏みしたわけですので、
この後は、企画書の世界標準へ向けて突き進んでいくこととなるでしょう。

後々「アレが歴史的瞬間だった!」といわれるようにしていきたいですね(笑)

懇親会も盛況でした。。。
%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E6%87%87%E8%A6%AA%E4%BC%9A.JPG

みなさん、お疲れ様でした!

先月、講演のオファーを頂き、和歌山県に行って来ましたが、
その時は、しばらく和歌山には来ることが無いだろうなぁ・・・と思っていた翌日、
和歌山県商工会連合会からオファーを頂き、職員様向けの企画書研修をして参りました。。。
%E7%B4%80%E4%BC%8A%E7%94%B0%E8%BE%BA%EF%BC%91.JPG

今回の場所は、新大阪より2時間、そこからタクシーという立地。
遠かった?。
しかし、海沿いの素晴らしい景観での研修となりました。
%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%BD%E3%81%AE%E5%AE%BF.JPG%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%BD%E3%81%AE%E5%AE%BF%E6%99%AF%E8%89%B2.JPG

「紀伊田辺」という地は、弁慶の生誕の地であることは知ってましたが、
下りてみて初めて、合気道の開祖「植芝盛平」の生誕の地であることも知りました。。。
%E5%BC%81%E6%85%B6.JPG%E6%A4%8D%E8%8A%9D%E7%9B%9B%E5%B9%B3.JPG

いわゆる大東流合気柔術を「合気道」という武道に昇華させた人物です。
武術を「道」にしたという功績は、講道館の創始者、嘉納 治五郎と共通する部分がありますね。

私は学生時代から10年間くらい合気道をやっていましたので、
非常に思い入れがある人物でした。
こんなところで、お目にかかれるとは・・・(写真ですが)
何とも不思議な感じがしました。

研修も大いに盛り上がりました。
%E7%B4%80%E4%BC%8A%E7%94%B0%E8%BE%BAWS.JPG

やはり、商工会の職員さんにとっては、地域活性化・売上増のキーワードは、
共通する課題感のようですね。

行きの電車でちょっと食べてみたクリームパンは、
かなりいけましたね?。
%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%91%E3%83%B3.JPG

帰りの電車で食べた駅弁も結構いけました。
%E9%A7%85%E5%BC%81.JPG

観光は出来ませんでしたが、とにかくいいところでした。
部屋から見えた朝焼けは、心が癒されました。
%E7%B4%80%E4%BC%8A%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%9C%9D.JPG

秋になろうが、虫とりは続きます。。。

%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%AA1.JPG

今回は、サワガニも・・・
%E3%82%B5%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%83%8B.JPG

リリーも一緒でした。。。
%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC.JPG
%E7%8A%AC%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%AB.JPG

%E3%81%91%E3%82%80%E3%81%97.JPG%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%AA2.JPG
ん???
これは何?
%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%8E.JPG

トノサマバッタは大量発生?!
%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%95%E3%81%BE%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%BF.JPG

ちょっと都会を離れ、自然に触れてきました。。。

%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E6%9C%A8%EF%BC%91.JPG

%E3%81%8A%E3%81%8B.JPG

%E6%9C%A8.JPG

気持ちも晴れ晴れ。
理屈はいりません。。。

こんな素敵な場所がそれほど遠くもなくあるもんなんですね・・・・。

今年もいよいよ企画塾の年に1度のビックイベント『増販増客コンファレンス2010』
の時期が迫ってまいりました。。。

今年は、例年の事例発表に加えて、
「日本企画書検定協会」の発足と『企画書検定』の全容を発表する予定です!

この発起人がまた凄い!

◆企画書の神様:高橋憲行 氏
◆企画書のカリスマ:忰田進一 氏
◆企画書の大家:富田眞司 氏

この3者が手を結んでしまったら、日本の企画書という分野の
7割は占拠してしまった恰好となります。。。

実際、企画書というジャンルの本を10冊以上出版している人は、
日本において、この3名しかいないと思われます。。。

また「日本企画書検定協会」の発足に伴いまして、当日は、
「企画のカリスマ」忰田進一氏と企画塾代表の高橋憲行の
対談を予定しております。

富田眞司氏は、ビデオにてメッセージが流されます。

当日の対談では、今までの「企画」という分野をどうやって作ってきたのか、
今後の時代において、「企画」はどのような役割を担うのか・・・。

様々な内容をご用意しております。

ご興味のある方は是非!


『企画書検定』がスタート!! 増販増客コンファレンス2010』
【開催日程】 10月16日(土) AM 11:00? PM 17:00
【開催会場】 永田町 都市センタービル 5F オリオン [地図]
        東京都千代田区平河町2-4-1
        TEL 03-3265-6211

今月の青山ウーマンズカフェは・・・

◆『ひと言も話さず決めた出版?フツウのお局OLが本を出すまで?』(前半)

◆『本を出したい女性のための出版マル秘ノウハウ!』(後半)

【講師】
?天野暢子(あまののぶこ) /プレゼンコンシェルジュ
?須賀 柾晶(すが まさあき)/出版プロデューサー
  (有限会社イー・プランニング 代表取締役)

というテーマで開催しました。
%E9%9D%92%E5%B1%B11007.JPG

以下は、私とこの3年弱「女性キャリアデザイン協会」を主宰してきた
山田奈央子会長のコメント。。。
??????????????????????????????????????????
「出版をしてみたい!」と夢を抱くことは誰しもあるのではないでしょうか?
私自身も、起業をしたきっかけの一つに出版、というのがありました。

そう、私もOL時代に出版の話を頂いた一人です。
今思うと、出版は私の人生を大きく変えたといっても過言ではないです。

やり方さえわかれば、誰でも出版できる可能性があるのです。

出版する内容がすでに決まっている方から、出版に漠然と興味が
ある方まで、出版というキーワードが気になっている方にはお勧めです。

今回講師を務めて頂く、須賀氏は当協会理事長の名和田の最初の本を
プロデュースした方でも有ります。

また、一昨年はビジネス本のベストセラー
『頭のいい説明「すぐできる」コツ―今日、結果が出る! 』三笠書房 (2008年)
約25万部をはじめ、『10秒で心が癒される言葉』PHP研究所(2008年)約10万部
などを手掛けた敏腕プロデューサーです!

本の売れにくいといわれる時代に、10万部以上のベストセラーを手掛けた
出版プロデューサーの話しを直接聞けるまたとないチャンスです!

また、天野氏はプレゼン・コンシェルジュとして独立。

「図解 話さず決める!プレゼン」「テレビ式プレゼンテーション」
「ビジネスに役立つPowerPoint」などプレゼンに特化することで次々と本を出版されています。

実際の著者として本を出されるにいたった経緯や
プレゼン本に関する話もして頂きますのでお楽しみに!
?????????????????????????????????????????

2本立てでしたので、いつもより30分早い19時スタートでしたが、
大盛況の会となりました。。。

継続は力なり。

やはり3年弱続けてきた甲斐があります。

共感者や協力者に恵まれ、ますますパワーを頂きました。

ホント良い会に育ってます!

6月から続いているD社の研修がいよいよ残り後2回となった。
d2c1.JPGd2c2.JPG

この会社、この10年で急拡大した業界のリーダー企業といえる存在だが、
今が丁度過渡期といえる。

市場的にはチャンスがわんさか転がっている。

ここで、上手く進化出来るかどうかが、今後の成長の鍵といえるだろう。

とは言え、この会社の素晴らしいところは、人材育成に投資を惜しまない姿勢だ。

こういう企業は、時流に流されることなく、骨太の企業として、
絶対に進化し続けていけるだろう。

そして、何より今期の受講生の姿勢が素晴らしい!

今期は、最初から最後まで自分が責任を持って研修を続けてきたが、
みんな本当に忙しい中、頑張っている。

この研修をやって良かったと、最終日に感じてもらえるよう、
最大限の努力をこちらもしていきたいと思う。

頑張ろう!!
d2c3.JPG
d2c4.JPG

MP講座22期が、東京でスタート。
mp.JPG

MP講座は、この秋から冬にかけてのスタートは、
この後、仙台、大阪、広島、伊勢?
・・・と続きます。

今期から東京のMP講座は、高橋塾長のフル参戦がなくなります。
従って、その代行というと恐縮ですが、自分の責任が重大となってきます。
既に各所でやってますが、東京は初ですので、新たな世界観を創り上げたいですね。

MP%E6%9D%B1%E4%BA%AC%EF%BC%91.JPG

1年以上前しか知らない方が、今のこの講座を見ると、
別の風景に見えるかも知れませんが。。。

それくらい、変化&進化を遂げているということなのでしょう。

時代は物凄いスピードで流れていることを改めて感じます。

変わっていくもの。
残していくもの。

このさじ加減が重要なことは言うまでもありません。。。

ダーウィンの言葉を今一度かみ締めておこう。
MP%E6%9D%B1%E4%BA%AC%EF%BC%92.JPG

全3回に渡って、実施してまいりました『企画術講座』が、無事終了しました。

初の試みのこの講座。

絶対に良いものになると、自信は有りましたが、講座はライブ。

正直、どうなるかはわかりません。。。

しかし、この講座、想像以上にモチベーションの高い、
そして積極的な受講生達が集まってくれた為、
毎回とても楽しく、一体感のある、本当に良い雰囲気の中での講座となりました。。。

講座の空気や場の雰囲気は、講師のスキルで、ある程度はコントロールが可能ですが、
本当に一体感や充実感を生むには、やはり参加者のモチベーションによるところが大きいです。

今回は、非常に良い出会い、良い縁に恵まれました。

感謝です!!

みなさん、最後までお疲れ様でした!

このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。