2011年3月アーカイブ

D社の研修が無事終了しました。

d社終了?.JPG最終日は高橋塾長にお越し頂き、全体講評と修了書の授与。

 

 

 


d社終了?.JPGそして恒例の全員での記念写真。

東日本大震災の影響で、約2週間遅れの開催となりましたが、
何とか月内に最終日を迎えることができ、良かったと思います。

この研修は、11月スタートで全6回。

長いようで、あっという間。

受講生の皆さんは、実務と並行しながら、しかも個人ワークアウト形式に
近い形で実施しているので、非常にハードだったことと思います。

その上、今回の震災・・・・。

最後の追い込みを予定していた受講生にとっては、本当に厳しい
展開となってしまったかと思います。

日常の業務自体も大幅に変更せざるを得ない状況だったと
聞きますので、なおさらでしょう。。。

とは言え、最後は皆、キッチリと課題を仕上げ、プレゼンをして頂けました。

ある一定の期間、トコトン課題について考え、掘り下げ、また思考する・・・。

こうした取り組みは、日常のビジネスではどうしても、目の前の業務に追われ、
中々詰め切れないものです。

ですが、半ば強制的でも、この期間取り組むことは、後々のビジネスにおいて、
絶対に役に立つはずです。

研修が終わっても、ここで学んだ考え方、企画の組み立て方などを
是非実務で活用していって頂きたいと思います。

私も3期携わらせて頂いてますが、やる度にこの会社や社員の皆さん、
また社風などが好きになってきます。

今期を終え、益々その気持ちが強くなってしまいました。。。

次は5月から新しい期がスタートします。

また皆さんにお会いできるのが楽しみです!

次の気の皆さんも頑張りましょう!

 

ネットで話題になってるという13歳のアイドルのブログを拝見した。

http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10839026826.html


確かにこれが13歳のアイドルの意見なの?!
・・・と驚いてしまうくらい的確で冷静に今の政府、マスメディアの
現状を捉えている。

正直、本当にこれ本人が全て書いてるの???

・・・と思ってしまうほどキッチリと主張を述べている。

まぁ、そんな要らぬ勘繰りをするよりもここは素直に同意したい。

ソフトバンクの孫さんもツイッターを通じ、同意したとのこと。

我々大人も、今一度今起きている現状を俯瞰する必要が有りそうだ。

コンサルティング手法は、大きく分けると2種類ある。

1つめは、最も一般的であるクライアントから情報を提供して頂き、
ミーティングやディスカッションに参加し、コンサルタント自身が
アウトプットを策定し、提案する手法。

一般的なコンサルティングというもののイメージや
コンサルタントに何か依頼する際のイメージはこれではないだろうか?

これを「コンテンツ型コンサルティング」という。

しかし、最近は余りこの手法は好まれないことが多いという。
中小企業では、以前からこの手法は余り好まれなかったのは事実である。

というのは、「解」はやはりそのクライアント自身が持っているものである。
中々限られた情報、時間の中ではその期待値を越える「解」を導き出す
のは難しいものである。
単に奇をてらった提案をするのであれば、それはそれで簡単ではあるが、
これはコンサルの仕事というより、広告代理店のプランナーの十八番と
いえるだろう。

外資系のコンサルファームなどが、大手企業を相手にビジネスをする
際は、こちらが多いようだが、長引く不況でやや枯渇状況とも聞く。

ではもう1つの手法は何か?

2つ目は、ワークショップ主体の研修を通じ、クライアントが自ら考え、
アウトプットを策定し、実践していく手法である。

これをプロセス型コンサルティングと呼ぶが、私はワークアウトプログラム
という方がシックリくる。

最近は、この手法を提供するコンサルタントが増えてきているようだ。
私の場合、以前から基本的にはこちらの手法しか提供していない。

やはり、一方的な提案ではお互い満足いく成果・結果を出すこと
難しいというのも1つだが、ノウハウ・スキルをその企業に移植し、
根付かせることが自分のミッションだと思うからである。

ここでコンサルに求められるスキルは、ファシリテーション力である。

このスキルは、コーチングとも微妙に違う。

思えば、独立し、プランナーから本格的にコンサルや講師業に
転身した際に、最も学ばせてもらったのがこのスキルである。

4月からは、このワークアウトプログラムとファシリスキルに
さらに注力し、磨きをかけていきたいと思う。

OODAサイクル

| コメント(0) | トラックバック(0)

アメリカ軍は、OODAサイクルを回して作戦行動を臨機応変に
展開することを追求し、2003年のイラク進行戦で実用化したという。

「OODAサイクル」

※任務の理解(任務の目的を理解する)

「O」:オブザーブ(観察する)

計画と現状の乖離を観察し、評価する。

「O」:オリエント(予想する)

現状が今後どう変化するかを予測する。

「D」:ディサイド(決定する)

予測に基いて、今後の行動を決定する。

「A」:アクト(実行する)

決定した案を実行する。


企業の戦略なども実際の計画段階と実行段階では、
予測していたことと全く違った事態が発生するものである。

その際、現状を計画に近づけ過ぎようと思う余り、
現実を見失ってしまうことだ。

大事なことは今何が起こっているか?

ここである。。。

この度の震災の影響で、3月23日(水) 19:00?21:00 
に予定しておりました、初心者の為の
「ランチェスター戦略修得セミナー」が延期となりました。

お申込み頂いた皆さま、ご迷惑お掛けし大変申訳ございませんが、
何卒、ご理解いただけますよう宜しくお願い申し上げます。。。

尚、次回日程が決定し次第、改めてご案内させて頂きます。

※3月は延期となりますが、毎月開催しております。
5月からは、またリニューアルオープンする予定ですので、
ご興味がある方は是非。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎初心者の為の「ランチェスター戦略修得セミナー」
  ※本家:NPOランチェスター協会主催
  http://www.lanchester.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
知られているようで、知られていない「ランチェスター戦略」。
 
今企業間競争は、より厳しい存亡を賭けた戦いを強いられています。
 
戦いは、ランチェスターの法則に大きく支配され、
勝敗は、持てる力とその運用の優劣に左右されます。
 
そこに、力に劣る弱者が、戦力の運用次第で、
強者に勝てる!
ないし、つぶされずに生き残るチャンスが生まれます。
 
ランチェスター戦略は、ランチェスター法則を踏まえ、
そのチャンスを生み、ものにする条件と、
実行可能な方法を追求したものです。
 
下記は、ランチェスター戦略を実践し、
成功した経営者の方々及び推薦者の皆様の一例です。
 
・千本倖生(イー・モバイル株式会社代表取締役兼CEO)
「ランチェスター戦略は日本発の戦略思想」
・鹿井信雄(元ソニー株式会社副社長)
「上層部の戦略と現場の戦い方のインラインにしよう」
・鳥羽博道(株式会社ドトール・コーヒー名誉会長)
「経営者にすすめたいランチェスター思考」
・吉越浩一郎(トリンプ・インターナショナル・ジャパン前社長)
「古くて新しいランチェスター戦略」
・澤田秀雄(株式会社エイチ・アイ・エス代表取締役会長)
「成長へのチャレンジはランチェスター戦略の活用で」
・大久保秀夫(株式会社フォーバル代表取締役会長兼社長)
「ランチェスター戦略で株式上場に成功」
・吉田哲夫(キャノンマーケティングジャパン株式会社取締役エリア販売事業部長)
「30年来のマーケティング戦略のバイブル」

 
今でこそ、世間に知れ渡る企業となってますが、
みな始まりは弱者の戦略でした。。。
 
ご興味がある方は是非!
????????????????????????????
 
初心者の方に、楽しく、わかりやすくお話しします。
また、ランチェスター戦略を活用した事例を紹介したり、
皆さんと一緒に研究して参ります。
 
【主催】内閣府認証NPO法人ランチェスター協会
 
講師は協会認定インストラクターの名和田が務めます。
 
■1回:5,000円
連続でのご参加の場合、1,000円引きとなります。
 
例)2回通しでの場合
  ・1回目:5,000円
  ・2回目:4,000円 
※過去2回以上ご参加頂いた方は、3,000円となります。
 
■会場:NPOランチェスター協会 会議室
■住所: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-27-1ファインテックビル302号
 (TEL) 03-5287-6007 (FAX ) 03-5287-6006 
 
■お問合せお申込みは・・・
 ※件名に「ランチェスターセミナー」と明記の上、
お名前・会社名・職種を記載頂き、下記へメール願います。
info@relation-stage.com  
 

今何が出来、何をすべきか?

自問自答の毎日である。

とりあえず、明日から予定していた地方出張は延期となった。

正直、東京よりも被災地に近いことや今の状況、

受講者、移動手段、停電・・・・もろもろのことを考えると

賢明な判断と言えるだろう。

準備に尽力して頂いたスタッフの皆さん、

この度は残念ではありますが、ぜひ次回は成功させましょう!

今回45名の参加申込みがあったとのこと。

5月か6月には絶対に行きますので、また是非ご参加下さい!

全身全霊で務めさせて頂きます!

 

また、キャリアデザイン協会主催の「プレゼンテーションマイスター講座」

も本日、開催延期をリリースいたしました。

こちらも4月中旬以降に必ず実施致します!

ただ、この講座は我々講師陣の協議により、チャリティー講座

という位置づけで開催したいと現在考えております。

今我々が出来ることは、こういったことなのかも知れません。

またこちらはご案内させて頂きます。

 

最後に、来週3/23(水)開催の初心者向け「ランチェスター戦略修得セミナー」

(実践事例編)は、予定通り、開催させて頂きます。

是非皆さまのご参加お待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎初心者の為の「ランチェスター戦略修得セミナー」追加開催!
  ※本家:NPOランチェスター協会主催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■会場:NPOランチェスター協会 会議室
■住所: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-27-1ファインテックビル302号
 (TEL) 03-5287-6007 (FAX ) 03-5287-6006 
 
■お問合せお申込みは・・・
 ※件名に「ランチェスターセミナー」と明記の上、
お名前・会社名・職種を記載頂き、下記へメール願います。
info@relation-stage.com  

 

本当に今自分が出来ることは何か?

毎日刻々と変わっていくこの状況を目の当たりにし、

考えずにはいられない。。。

節電をし、募金もしたが、これだけではないはずだ。

自分のこの仕事も、執筆関係は普段と変わらないが、

リアルでの研修や講座などは、既に延期などの措置がとられている。

通常通りの生活やビジネスに戻るのは、まだ時間が掛かりそうだが、

とにかく、今やれることを精一杯やるしかないだろう。


今の状況が落ち着いた時、必ず日本は復活する。

今こそ真の日本再生、復興の時だと信じたい。

我欲、軽薄さが横行する社会から今こそ脱しよう。

そして、より高い志、使命感をもって活動していきたいと思う。

勇気付けられる歌は数多いが、最近子供の影響で耳にする、

『ウルトラマンメビウス』の主題歌は、まさに勇気を与えられる。。。

 

作詞 松井五郎 作曲 鈴木キサブロー

 

img066.jpg今すぐできることはなんだろう

銀河の彼方 心の声が聴こえてくる

始めは誰もヒーローじゃない

違う形の ただちっぽけな星なんだ!

 

ぶつかりあい 励ましあい 立ちはだかる闇を越えよう 

 

悲しみなんかない世界 

愛をあきらめたくない

どんな涙を 必ず乾く

僕らが変えてく未来

友情(きずな)は途切れやしない

無限に続く光の中へ

ウルトラマンメビウス

 

本当に大事なものはなんだろう

銀色の目が時の流れを見つめてる

ファイトの意味は憎しみじゃない

守りたいのはみんなで描く夢なんだ

 

傷ついても倒れても

助け合える道を探そう

 

微笑みを繋ぐ世界 夢をあきらめたくない


どんな希望も積み上げながら

僕らが叶える未来 仲間を信じていたい

無限に続く光の国へ

ウルトラマンメビウス

 

 

日本は、またここから必ず這い上がり、復興します!

本当の意味で再生するはず!

 地震対策マニュアル
http://www.ji-shin.com/column.php
 
避難の際のマニュアル PDF
http://www.city.matsudo.chiba.jp/library/contents/7d631f090d3a01f/jishin12.pdf
 
災害時に役立つiPhoneアプリ
http://matome.naver.jp/odai/2128563483515548301
 
災害時に役立つ携帯サイト
http://j-jis.com/m/index.shtml
 
避難所での過ごし方
http://www.e-quakes.pref.shizuoka.jp/hinan/06/0604.htm
 
車の中で過ごしている方の対策
http://www.city.chiba.jp/shimin/shimin/bosai/w-j-hinan_02.html
 
避難時の心得
http://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/i/kakuka/bousai/DATA/guide/kokoroe/kokoroe4.html
 
ペットのいる方の避難について
http://pet.goo.ne.jp/contents/management/cn_170.html
 
ネットと電話を使う被災地の方との連絡手段まとめ(公的機関、NHKなどのリンク集)
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/037/37110/
 
ツイッター上で相談に乗ってくれる医師の方々
@gensann  @shigehira  @atsushimiyahara  @yujirokon  @tonishi0610  @psychiatrist_uk
 
東北地方太平洋沖地震支援基金
https://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html
 

この状況で、様々な情報が飛び交うのは仕方の無いことである。

しかし、政府や公的機関のオフィシャルなリリースは、
キッチリしたものにして頂きたいものだ。

正直、誰も今の現状の全容を正確に把握している者はいないのだろう。

恐らく総理ですら。。。

しかし、計画停電などは国民は皆協力体制であるにも拘らず、
しっかりとした情報を公開してくれなければ、行動の取りようが無い。

誰が悪いわけではないのであろうが、いらぬ混乱は招かぬようにして欲しい。

今まさに日本という国そのものの真価が問われる時なのかも知れない。

この国が失ってしまいつつある大事な何かを取り戻せと言われている
気がしてならない。。。

戦後の焼け野原から立ち上がった時の日本人の精神を取り戻せれば、
必ず日本は復興するはず。

頑張れ日本!

 

 

 

 

みなさん、地震は大丈夫ですか?

心より皆さまのご無事をお祈り申し上げます。

地震発生時、私は1時間半ほど企画塾オフィスに顔を出し、

少し遠方の打合せへ行く予定でしたが、企画塾の事務所についた

30分後、あの大地震に見舞われました。

 

地震1.JPG地震2.JPGハンパではない揺れとその長さに、これはヤバイかもと感じましたが、

その一方で、冷静な自分がいることにも気付きました。

少し、揺れが収まると事務所は壊滅状態。。。

入り口が塞がり、出るのも困難でしたが、何とか脱出。

その後、帰宅難民となりましたが、
幸い塾長のご自宅にスタッフ全員泊めていただき、

何不自由なく凌ぐことが出来ました。

 本当に感謝です。。。

 

地震3.JPGとにかく、けが人が1人も出なかったことが、奇跡としか思えないくらい、
物凄い状況だったことは間違い有りません。。

とは言え、東北方面の方方は、こんなもんじゃなかったんだと思うと、
本当に心が痛みます。。。

地震.JPG
しかし、こういう時に改めてその威力を思い知らされたのは、
最近始めたフェイスブック、そしてツイッターですね。

そして、もろいのは携帯電話。

スマフォは、情報収集とフェイスブック&ツイッターという面で、
必需品だということを実感しました。。。。

 みなさん、こういう時こそ、力を合わせ、頑張っていきましょう。

 

 

雪.JPG本日は、雪。
午前中で一時おさまりましたが、
夜からまたみぞれのような雨が降ってますね・・・。

さて、3月に入り、早一週間。

最近ある人の言葉をふと思い出した。。。

「昨日と同じ時間に起きて、昨日と同じ電車に乗り、
昨日と同じ人とランチを食べ、昨日と同じ様な仕事ぶりで
仕事をして、昨日よりも成果を上げようとするのはおかしな考え。

本気で何かを成し遂げたいならば、毎日ほんの少しでもいいから、
昨日よりも成長する為に何かを変えること。。。」

そう、行動を変えずに、結果だけ変えることは不可能である。

「今を変えなければ、未来は変わらない。」

思えば、自分も生活スタイルが出来上がってしまい、

中々そこを変えることが出来ないでいたが、

今月から、ちょっとライフスタイルを変えてみようと思う。

時間の使い方は何通りもあるはずだ。

新しい取り組みへ向け、この辺りも着手すべきだろう。。。

ちょっと温泉へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと忙しくなる前に、週末近場の温泉にて英気を養ってきました。

umi.JPG温泉街も二極化が加速しており、賑わっている地域と
そうでない地域にハッキリ分かれてしまっている感がありますが、
伊東温泉周辺は結構賑わっている感じがしました。

東京から近いということや、温泉街の店もかなり頑張ってる感が
出ているので、この時期でも結構な人がいましたね。

湯の花通り.JPG楽天で1位ということや雑誌や受賞歴などもしっかり
店頭でPRし、こだわりなども訴求している店が多かったので、
こちらも思わず、足が止まってしまいます。

こういった努力はやはり重要なんでしょうね。

 

wakaba.JPG←ここのソフトクリームは、評判通り旨かった!

 

 

 

 

今年に入り、色々な仕掛けをしてきましたが、
3月から、いよいよ新しい局面へと入っていきます!

今から非常に楽しみな取組みばかりでちょっと興奮しますね。

その中には、引き続き「地方の活性化」もテーマに入っており、
具体的に動き出します。

アーケード.JPGとは言え、この地方活性化施策も戦略的に実践しなくては、
一過性の自己満足に終わってしまいます。
また、何の脈略もない取組みでは総花的になってしまいますからね。

ここにもランチェスター戦略のいうところの
「一点集中」や「三点攻略」の考え方が役に立ちます。
ここをしっかり捉え、実践していきたいと思います。

伊東道の駅.JPG大切なことは、地域に何を残すのか?
そしてどう継続してもらうのか?

このノウハウ・スキルの移植でしょうね。

 

 

 

11月から続いていたD社の研修も今回を含め後2回。
5回目となったこの日は、皆さんの企画のプレ最終発表でした。

まだ、残り1回有りますので、そこまでに最終ブラッシュアップを
してもらい、最後に全員プレとなりますが、この日も一通り、
形的には完成系の発表となりました。。。

 

2011_0303D.jpg皆さんとにかく忙しく、時間の無い中にも関わらず、
頑張って何とか課題を提出されました。

ここまで来ると、受講生の皆さんも大体このメソッドが
何を言いたいのかがほぼ理解できてきます。

したがって、こちらもそこまで多くをアドバイスする必要も
無くなるわけですが、1つ確認したのは、枠が重要なわけではない
ということ。。。
つまり、このメソッドのフレームワークと課題の進行に捉われ
過ぎないということです。。。

体系を通して理解する為には、敢えてこちらが提供するフレームに
課題を当てはめ、考えていくことはとても重要なことです。

とは言え、そこに捉われすぎて、肝心な成功イメージが持てない。
逆にフォームに当てはめることを考えすぎてしまい、
具体的なイメージが持てない・・・。

・・何てことになってしまっては本末転倒です。

まずは、しっかり体系を理解するということで、
フォームと課題を提示していますが、最終的に重要なことは、
この流れとフレームを覚えることではなく、その考え方と思考力を
身に付けることです。

自身の直面するビジネスが全体と部分でどのような構造になっていて、
どこをいじると流が変わってくるのか?

大きな組織では、特にこの辺りをしっかり理解しておくことが
求められます。

その上で、より実行可能な具体策を描く。

これが理解できれば、まずはOKです。

残すところ後1回となりましたが、最後までしっかり頑張ってきましょう!

 

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。